部訓

1 野球を通して一番楽しいことは、一生を通して野球に関連する仕事に就くことである。
  自分の好きな野球を生涯通して続けられる様、学習、生活、野球の1日3安打を達成する。
2 野球人として、一番みじめなことは勉強嫌いなことである。宿題嫌いは野球を駄目にする。
3 野球部員として一番寂しいことは、自分の役割がないことである。部員として、やるべきこと自ら進み、ポジ ションを獲得しチームの力になること。
4 野球部員として一番みにくいことは、努力せず他人の事をうらやむことである。試合に出て活躍するイメー ジ忘れず努力せよ。
5 野球部員として一番美しいことは、誰に対しても愛情を持つことで,自らして、親も我が子以外の選手にも愛 情を、部員は皆兄弟である。全員が分けて食べる心優しく誰に対しても愛情を持て。
6 野球部員として一番尊いことは、人やチームのために奉仕して、心良く尽くすことができることである。大 きな声を出し、チームのために頑張る気持ちが、社会や人々のために貢献することにつながる。
7 野球部において一番の思いは、感謝の気持ちを忘れないことである。親への感謝、お世話になっている方々へ の感謝、道具への感謝を決して忘れずに努力せよ。
8 野球部員として一番忘れてはならないことは、謙虚さである。応援して頂いている全ての方に、野球させて頂 いていることに感謝し、誰からも好感を持たれる野球部になろう。
9 野球部において1番の輝ける時は、優勝の瞬間である。親子で一つになって頑張り、キラキラと最高に輝く 日を夢見て努力しよう。
10 野球部にとって一番の財産は心である。やる気、負けん気、根気、このような心はお金では買えない大きな財産です。温かい心で幾つもの光を使い分けて、皆さんと 一緒に歩みます。

心得 部員としての自覚 

 ★練習以外でも部員としての自覚を持ち、校則に定められたようにきちんと制服を着用し、身だしなみに気をつける。頭髪は野球選手らしくさっぱりとする。眉毛を形取りは、絶対禁物とします。
★遠征においては、八中の制服(夏季は略装可)、もしくは学校ジャージを着用します。
★試合においては、どんなに相手チームが汚い野次を飛ばしたとしても、常に紳士たる言動をとり、味方チームを励ますような掛け声をしましょう。
★相手チームの好プレーに対しては、心から拍手を送る余裕を常に持ちましょう。
★攻守交代はアマチュア野球らしく全力で行ない、ダッグアウトとポジションの移動は全力疾走で行なうことを、チームの基本原則とします。
★ベンチにいる全員が試合進行と勝利のために努力する。ベンチにいる選手はボール、バット、ヘルメット等の整理、ポジションに着く選手の補助(グラブ、レガース等)を心から進んで行きましょう。
★チームのムードを高め、適切なアドバイスを送る努力をする。ベンチの力によって勝利を引き寄せよ。それと同時に、自分が大事な場面で充分仕事ができるように常に肉体的・精神的に準備を整えましょう。
★常にハッスルする。どんな小さな可能性でもそれを信じ全力でプレーする。ピッチャーゴロでも1塁へ全力で走り、点数大幅にリードしても、最後まで気を緩めることなく、全力でプレイすることが八王子中の野球です。
★試合前や後に関係者に挨拶をし、お礼を言うことは当然。公式戦はもちろん練習試合も様々な人が背後で支えてくれています。
★監督、部長がそばにいなくても、礼儀ある態度をとりましょう。
★遠征(公式戦を含めて)の場合、天候から勝手に自己判断しないで前日の連絡事項を遵守する。どんなに大雨でも現地に集合することもあります。
★試合会場は試合終了後、全員が掃除をして主将がそれをチェックすることを決して忘れてないようにしましょう。
★練習においての行動は、練習を休む時は必ず、監督と主将に連絡する。また日曜・祭日・長期休業中は朝グランドに必ず本人が電話をして下さい。
★休んだ次の日には必ず状況を報告する。事後の言い訳は認めない。故障・怪我等は速やかに監督に報告する。両者が協議して方策を考える。また医者等に行った場合は必ず報告すること。
★集合時間の5分前に必ず集合していること。授業終了後は速やかにグラウンドに集合すること。グランドに足を踏み入れたら、直ちに掃除と整備、用具出しを行います。
★プレイや技能面の疑問に思うことがあったら、遠慮せずに監督に質問すること。
★自分の野球であり、自分たちチームであることを忘れず、誰に対しても自分の考えを堂々と述べられるようになって欲しいです。
★どんなに個人練習(課題克服したくても)をしたくても、監督がグラウンドから去った後は無しとする。部室の戸締まりを確認して帰りましょう。
★地域の少年野球のチームから後輩が入ってくることを意識し、地域に根ざしたチーム作りに励み、地域のためにボランティア活動できるように、奉仕の精神を忘れないようにしましょう。

ご支援ご協力下さいますよう宜しくお願い致します。

野球部の活動は新しい方針のもとに、保護者会の会長さんはじめ沢山の保護者会の皆さんに支えられ、選手と顧問と外部指導者の4者が絆を深めています。平日はキャッチボール、シートノック、ベースランニングなどの基本練習を中心に、休日は実戦練習や練習試合を行っています。普段の練習を工夫し、仲間との協力や礼儀作法の精神を養うことを大切にしながら、公式戦での勝利を目指して頑張っています。学校、学年、学級を大切に人間性を高め、将来、社会や人々の為に貢献できる人になって欲しいです。新人大会優勝を目標に頑張ります。八王子中野球部から甲子園へ、社会人、大学野球、プロ野球選手に育ってほしいです。

 


1.練習では人の上にはなれない。人に勝つには2倍・3倍の努力がいることを忘 れない
2. 練習中は試合を考え、集中して全精神を打ち込む
3. 試合は、勝とうと力まず、絶対に負けないその精神で戦う
4. 風雨にも暑さ・寒さにも屈せず、押し切る頑張りを持つ
5. 人の話は耳だけで聞くのではなく、顔を上げて目でも聞く
6. 工夫・研究は勉学あってこそ生まれる。ゆえに勉学を怠るな
7. 何事もチームワークを守り、一丸となって取り組む
8. 校則を守り学生として、常に他人に恥じない立派な言動・服装・頭髪などのマナーを身に   つける
9. 一番悲しいことは事故・病気・故障をすることである。健康管理・食事面に注意する
10. 部室は整理整頓し、グランドや用具の整理整頓など、管理をする。
11. 練習不参加、並びに遅刻・欠席については前もって連絡する