校 章
制作までの経過
 昭和61年度夏休みの課題として、全校生徒に「与野市立八王子中学校校章のデザイン募集について」というプリントを配布し、作成を呼びかけました。
 多数集まった作品の中から、5点を優秀作品として美術科教師の方で選び、校章制定委員会でその中の1点を基本に、堀温美先生がアレンジし制作しました。
現在の校章の基になった原画
デザイン制作の由来
大地にしっかりと根をはり、力強く大きく伸びていく榧の木をデザインしたものです。幹のストライプは大地から吸収した養分を上部へ送る道管を表わしています。
 幹と枝がワクの中に全部入りきっていないのはこれからもっともっと大きく成長していく力を意味しています。
現在の校章